FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログ休止のご報告

諸事情により、このブログはしばらくお休みすることになりました。
伝道所は今までと変らず活発に活動しております。
皆様お気軽にいらしてください。

今までのご愛読ありがとうございました。
またお知らせなどありましたら、ここで発表させていただきます。

 管理人 佐藤靜代
スポンサーサイト

降臨節前主日

11月26日の礼拝は柴本司祭による聖餐式でした。
IMG_5118_convert_20171128210657.jpg  IMG_5121_convert_20171128210727.jpg
柴本先生のお話
以前関わりを持っていたホームレス支援機構(抱僕)で自立支援の30回目の出発式(卒業式)のお話です。(抱樸館北九州内に自立支援住宅5室を確保。ボランティア2~3名が伴走支援。6か月の入居後、生活へ移行。)卒業式には送辞・答辞があり、半年間の色々な思いがあり、感慨深いものがありました。「仲間の会」があります。その代表の人の話で「一番大事なものは仲間、私たちはひとりぼっちではない、これからはちょっとした思いやりと感謝の気持ちを持って人と関わり合えば仲間は出来る、新しい社会が出来る」とイエス様が言っておられる言葉と同じ、律法のなかで一番大切なものは思いを尽くし、思いを尽くして神を愛し、人を愛しなさいと。そうすれば世界が変っていく、神を愛し、人を愛して行けば、分裂した今の社会も良い世の中になっていくでしょう!!

今日は戸畑聖アンデレ教会から家族のお客さまと信徒のお孫さんの出席があり賑やかでした。
IMG_5123_convert_20171128210755.jpg IMG_5122_convert_20171128210739.jpg

午後は「教会運営のための話し合い」の後、陶芸教室がありました。
来年の干支の「犬」を作りました。できあがりはまだ先です。
IMG_5125_convert_20171128210815.jpg IMG_5126_convert_20171128210830.jpg
IMG_5127_convert_20171128210843.jpg



27日は「聖書を学ぶ会」でした。
今月から「詩編」の勉強です。好きな詩編を選びました。
IMG_5128_convert_20171128210925.jpg IMG_5129_convert_20171128210941.jpg








聖霊降臨後第24主日

本日はみ言葉の礼拝でした。
IMG_5102_convert_20171124184525.jpg IMG_5105_convert_20171124184547.jpg



~ 井上 明生兄による感話   (抜粋) ~

 皆さんは、10月31日と言われると何の日を思い浮かべますか。
マルティン・ルターはの宗教改革はちょうど500年前の10月31日に行われました。
当時の日本は室町時代です。

 ルターは1483年、ドイツに生まれます。
教育熱心な父のもと、ロースクールに通う優秀な青年になっていくのですが、
ある日、学校に向かう途中で落雷の恐怖にあい死すら予感した彼は
神の御業を感じ父親の了解を得ずに修道会に入ってしまいました。

 彼は、修道会に入ってから
「いくら禁欲的な生活をして罪を犯さないように努力し、
出来うる限りの善行を行ったとしても、
神の前で自分は義であると確実に言うことはできない」
という現実に悩み続けました。
しかし、人間は善行でなく、
「信仰によってのみ義とされる」という理解に達し、ようやく心の平安を得ることができたのです。

 ルターはこの平安を得てから、当時盛んに販売されていた免罪符を否定し
「95ヶ条の論題」をマインツ大司教のもとで宣言したのでした。

 落雷の恐怖から、神を感性で受け止めました。理性で受け止めたのではありません。
私自身もまた、幼いころに父が吐血しながら病床受洗する姿をふすまの隙間からみておりました。
それは、強烈なインパクトとして私の心につきささり現在までの信仰につながっています。



 最期のルターが残した言葉を紹介します。
 
 この世を動かす力は希望である。
 やがて成長して新しい種子が
 得られるという希望がなければ、
 農夫は畑に種をまかない。
 子どもが生まれるという希望がなければ、
 若者は結婚できない。
 利益が得られるという希望がなければ、
 商人は商売にとりかからない。

 
 死は人生の結末ではない。
 生涯の完成である。


~報告~
・11月マルシェが18日(土曜)に開催されました。
 毎回心待ちにしてくださる地域の方に感謝です。
IMG_5100_convert_20171124184741.jpg IMG_5101_convert_20171124184805.jpg




~おまけ~
今日のランチメニュー♪
・グラタン・カレー
・はつか大根セロリのサラダ
・お土産のカステラ
ごちそうさまでした!!
IMG_5110_convert_20171124184638.jpg IMG_5112_convert_20171124184655.jpg
IMG_5111_convert_20171124184724.jpg IMG_5114_convert_20171124184709.jpg
久留米聖公教会から二人の方が礼拝に参加されました。感謝です!!





聖霊降臨後第23主日

今日は菊池黎明教会で5教会合同礼拝でした。
熊本地震のため礼拝堂は使えなくなり、野外礼拝でした。
良い天気のなか、木々の紅葉もみられ、爽やかな風を感じての礼拝でした。
司式は山崎司祭さま・説教は柴本司祭さまでした。

IMG_5097_convert_20171115194150.jpg IMG_5095_convert_20171115194125.jpg
IMG_5099_convert_20171115195639.jpg IMG_5098_convert_20171115194210.jpg
IMG_5101_convert_20171115194238.jpg
柴本先生のお話
 先日秋の教役者会がありました。
色々な話し合いの後、最近一番嬉しかった事は?楽しかった事は?悲しかった事は?との司会者からの質問にみんなすぐには思い当たらなかったらしく、頭をかかえていました。話題を変えて「今まで一番影響を人は?」という問いかけには、みんな共通してその人がおられなかったら、今自分はこの場所にはいなかっただろうと話しが盛り上がりました。

先日「諸聖徒記念日」がありました。名前を読み上げ、写真を飾り、祈る。実際に知らない人もおられたが、教会を通してのつながりを感じました。相他みつを氏の詩に「いのちのバトン」というのがあります。
「父と母で二人 父と母の両親で四人 そのまた両親で八人 こうして数えていくと10代前で1024人 20代前になるとなんと100万人をこすのです。・・・・」
血のつながりだけの事ですが、血のつながりだけでなく、人との出会いは数え切れない。人との出会いが、今ここに導かれています。奇跡です。
「目をさましていなさい。いつも備えていなさい」とイエスさまは教えられます。
祈りをもって、信じて。信仰による交わり、大きな変革の中にも祈りと感謝を忘れないように!!

愛餐会
やすらぎ会館に移動しての愛餐会でした。
自己紹介したり、蛇味線演奏があり、楽しいひとときでした。

IMG_5104_convert_20171115193734.jpg IMG_5105_convert_20171115194338.jpg







聖霊降臨後第22主日

今日は「み言葉の礼拝」でした。
IMG_5095_convert_20171110135423.jpg IMG_5094_convert_20171110135410.jpg

堀尾兄による勧話でした。

旧約聖書ミカ書3章6節より
「それゆえお前たちには夜が臨んでも幻はなく暗闇が臨んでも託宣は与えられない。預言者たちには、太陽が沈んで昼も暗くなる」

ミカ書が書かれた時代はイスラエル王国において、政治も司法も宗教も腐敗堕落が蔓延していました。
それゆえミカは厳しい言葉で腐敗を糾弾していきます。
指導者たちは神の言葉を知っているはずなのに、耳を傾けようとせず私利私欲のためにしか動こうとしません。
遠い時代のことですが、現在の私たちにも通じるのではないでしょうか。
聖書のみ言葉にむきあおうとせず、己の生活にかまけて、祈りがおろそかになっていないでしょうか。
聖書を自分に語り掛けている神のみ言葉として、真剣に読むことが求められます。
み言葉を真摯に受け止め向き合えば、神もまた私たちの歩むべき道を語り示してくださるでしょう

来週12日は5教会合同礼拝で「菊池黎明教会」で行われます。
たくさんの兄弟姉妹と久しぶりにお会いできるのを楽しみにしています。

佐賀聖ルカ教会」伝道所は堀尾兄が礼拝を守ります。

本日のランチ
ピーマンの肉詰め・ムカゴごはん・キムチ・ デザートは京都のお土産の生八つ橋・リンゴケーキ・

IMG_5096_convert_20171110135436.jpg IMG_5097_convert_20171110135446.jpg
IMG_5098_convert_20171110135501.jpg
プロフィール

stluke

Author:stluke
英国系キリスト教会、日本聖公会。
英国では王室行事、最近ではウィリアム王子の結婚式などを司る、歴史と伝統ある宗派です。
日本では立教大学や、日野原重明先生を理事長とする「聖路加国際病院」などを運営し、教育福祉にも力を入れています。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
訪問者
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。